読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog @arfyasu

プログラミングとか趣味のこととか

Flash Professional の名称変更に思うこと

Flash Professional が Animate CC に名称変更されました。

blogs.adobe.com

昨日は、このことでメディアやブログの投稿等で、Twitter のタイムラインが
ちょっとしたお祭り状態でした。

以下、いくつか記事をピックアップ。

Flash界隈の著名人

AmazingFlash: Flash Pro→Animateだってさ

ics.media

monster-kedama.hatenablog.com

mushikago.com

メディアさん

gigazine.net

jp.techcrunch.com

メディアさんが、面白おかしく、「Flash死んだ、オワコン」みたいな書き方してるのは、
いつものことなのであれとしてw
私も、今回の名称変更について思ったことを軽く書き残しておきます。

Flashオワコン

スマホFlash がサポートされないことで、
Flash が死んだ」
と言われて何年か経ちます。

一昔前、Web のアニメーションとうと Flash しか選択肢がありませんでしたが、
HTML5 や JS の発展により、多くの部分がそちらでもできるようになりました。

なので、Flash が使われるシーンとしては確実に減ってはいますが、
PCで動画見る環境ときやブラゲでは、未だに Flash がメジャーなので、
一定のポジションは確保しているという印象を持っています。

正直、ブラウザの互換性という課題をあまり考えなくていいのは、
Flash くらいなんですよね。
(あのブラウザがなくなれば、互換性の課題も少なくなりそうすけど...)

今後、この辺りも別の技術がとって代わるかも知れませんし、
Flash が使われ続けるかもしれませんし、正直なところ分かりません。

なので、この状況でオワコンかどうか判断することはできないので、
今後も動向をチェックしていきたいと思います。

Flash Professional の 名称変更の意図

Adobe は以下のことを目的として名称変更をしたと発表しています。

Web や新たなプラットフォームに最適なアニメーション制作ツールであることをより明確に示すため

ICSの池田さんは、ブログで以下のように書いてます。

最近のFlash Professional CCは「SWF」や「HTML5 Canvas」だけでなく、「WebGL」など様々なフォーマットへの出力をネイティブでサポートしています。また、有料プラグインの「GAF」を利用すれば、「Unity」「Cocos2d-x」にもFlashアニメーションを出力することができます。

有料プラグインの件は知りませんでした...

Flash Professional という名前は、Flash Player との親和性が高すぎて、
上記のメリットを伝える妨げになっていたと考えられます。

Flash Professional は Flash Player で動くものを制作するためだけツール
という誤解は、多くの人がしているんじゃないかなと。

そういった間違ったイメージを払拭するための名称変更なので、
AdobeFlash を捨てた」
という考えは、間違っていると思うのですが如何でしょうかね?

個人的には...

子供の頃からアニメやゲームが好きで、これらを個人でも制作できるツールとして出会ったのが Flash でした。

なので、個人としては Flash という言葉に特別な思いがあります。
大したもの作ってきたわけじゃない私が言ってもあれですけどw

Flash という名前が変更されるのは正直ちょっと寂しいですが、Flash のためにもそれが良いのでしょう。
世間的にも、Flash は使っちゃダメっていう考えが蔓延してますし、、、

今後の Animate の進化に期待したいと思います。